カラオケ道 - とつかボーカル教室公式ブログ

とつかボーカル教室
2018年01月12日 [カラオケ道]
紅白の話を前回のブログでしたのですが、ひと通り見て聴いて、プロの歌手もやはり、人それぞれだなあってのを感じました。
上手い下手もあるのですが(もちろん聴く側の好き嫌いの方が大きいですが)、発声のポジションの違いが気になりました。この人はこの辺で、この人はこの辺で出しているなあ...なんてことを考えながら見ていました。

特に気になったのは、初出場の演歌歌手の丘みどりさん。初めて聴いたので、聴きなじみが無かったっていうのもありますが、なんとなく声がこもっているというかガツンと来ないなあって感じがしました。で、気づいたのは、この人発声が良すぎるのかなあということ。うちのレッスンでも「<喉の奥を開いて>出すのが良い発声だよ」ってことを良く言っているのですが、丘さんの発声は奥から出てる感じがしたのです。でも奥で止まっていて前に出てこないというイメージもあり、こもっているといった印象を受けたのだと思います。

<喉の奥を開いて>というのは大事なことなのですが、演歌やポップスのプロの歌手はむしろ、自分の声を生かして、前に出すといったことをやっていると思います。もちろん喉に負担はかかり、いわゆる「喉声」に聞こえる場合もありますが、その歌手の個性を作っているのがその喉の音の良さだったりするのです。紅白に出た歌手で言うと、わかりやすいのは山内惠介さん。この人なんかは、鼻にかかるというか、喉を鳴らしているという感じの歌い方ですので、声のポジションは前の方にあるように感じます。基本の発声的には良い発声とは言えないかもしれませんが、自分の喉の特徴を生かした歌い方ですので、個性が出てきますよね。

良い発声で歌うのがいい歌に必ずしもつながらないところが難しいところではありますが、うちの教室ではやはり、基本の<喉の奥を開いて>ってことはやってもらってます。また次のブログにでも、なぜそれを行うのかというのを書こうかと思います。





2016年12月13日 [カラオケ道]
昨日、日本テレビの「歌唱王」という番組を見ていました。さすがに全国を勝ち抜いてきた出場者とあって、みなさん素晴らしかったのです。ただ、選曲に関してはなかなか難しいなあ...と思ってしまいました。

今回のコンテストはカラオケコンテストですので、全てがカバーということになるわけですが、「自分の声を活かし」+「個性を出せる」ってところを意識した選曲はなかなか難しいのですよね。

例えば、声量や高音を生かしたいと思ってMISIAとかsuperfly とか選曲して、自分の声を活かし歌いこなすことは出来たとしても、オリジナルで本人が歌っているのと似てしまったりすると、個性が出てきません。
今回も、そのケースが多くあったように感じます。上手いんだけど、選曲がなあ...と思ってしまいました。

自分のキャラクターとは全く違うイメージの歌手の曲を歌うと個性を出すことが出来ます。ただ、その場合は自分の声を活かすことが難しくなってくる可能性があります。この場合はキーを替えることで上手くいくこともあります。今回も選曲は良かったんだけど、もうちょっとキーを上げたら良かったのになあ... とか思う人もいました。

「自分の声を活かす」 と 「個性を出す」ってのはカラオケだと相反する場合があるんですよね。

昨日の優勝者はミュージカルの曲を歌っていた中学生でした。ミュージカルの曲はオリジナルがいろいろな人が歌ってるので、オリジナルのイメージが固定されにくいので、個性が出しやすいかもしれません。さらに、自分の声も活かせて歌えたのだと思います。(ちなみに優勝者は僕と同じ名前の みのりちゃんでした)

とつかボーカル教室の生徒さんでも「私にはどういう曲が合いますか?」って質問してくる方がよくいるのですが、自分に合う曲と個性を活かせる曲ってのは違ったりするんですよね。なので、いろんな曲を歌って試してみるってのがいいんだと思います。






2016年10月22日 [カラオケ道]
10月17日 月曜日に行われた「ひまカラ」 生徒さん5人と 吉田家3人が参加しました。

吉田みのりが歌ってる様子の動画をちょっとだけあげました。
高橋真梨子の「for you...」ですが、後半ちょっとアレンジしまして(というかネタですが)ちょっと長めにロングトーンしていますので、お聴きください。



2016年09月02日 [カラオケ道]
カラオケボックス大手のシダックスが大量閉店というニュースが最近ありましたよね。そういえば、昔はシダックスも良く使っていたけど、最近使ってないなあ。。。と。

カラオケボックスの数も昔に比べると減った感じもありますし、あったとしても大きなチェーン店がほとんどですよね。一昔前はチェーン以外の小規模なカラオケボックスも良くあったのになあ、と。まあ、カラオケボックス業界もそんなに景気は良くなくて、淘汰されていってるんでしょうね。

カラオケメーカーについても同じようなことが言えて、というかこちらはもっと淘汰された感じなのですが。
昔10社以上あった業務用のカラオケメーカーは今は2社しかないんですよ。機種でいうとDAMとJOYSOUND。カラオケボックス行っても選択できるのはこの2機種ですよね。

ただ、この二つの会社、変遷がとっても対照的でして、JOYSOUNDを作っているエクシングという会社は昔10社くらいあったカラオケ会社が吸収合併を繰り返し、今のエクシングとなっています。実は僕が過去所属していた会社も現在はこのエクシングに吸収されています。
それに対してDAMの第一興商はほとんど合併などせずにずっとカラオケ業界のトップを維持しています。これに対抗するためにエクシングは吸収合併を繰り返し大きくはなってきたのですが、やっぱり第一興商にはかなわないのかなあ?と

まあ、機種に関して言えば、昔は断然DAMが音質が良かったのですが、今は好き嫌いの問題にはなってきているような気がします。それでもやっぱり僕はDAMを選んでしまいますねぇ。なんかこれが「標準」という感じがして。

ちなみに自分が開発に携わったのは「U-kara」という機種なのですが、残念ながらもう市場には残っていません...。

なかなか、きびしい状況のカラオケ業界のようですが、歌好き、カラオケ好きはたくさんいますし、レジャーとしてのカラオケは一定の需要をキープしているとは思いますので、合併など繰り返しながらもがんばって欲しいところです。

2016年07月20日 [カラオケ道]
17日の日曜日のとつか歌謡連盟発表会は無事終了いたしました!
とつかボーカル教室の生徒さんも大きな舞台で緊張したと思いますが、みなさん練習の成果を発揮できたと思います。

なのですが、この発表会、ちょっとこの先が心配だなあ、と思っておりまして。
とつか歌謡連盟は戸塚のカラオケ教室の集まりなのですが、各教室の先生方は基本、演歌・歌謡曲しか教えていません。
なので、出演される方々の年齢層も徐々に上がってきており、さらに少しずつ出演者も減ってきております。

先生たちの中でも、僕が1番若いので、ポップスを歌う若い人も入れてやれないか?ってことを打診されてはいるのですが、いくつかの問題があり、なかなか実現が難しそうです。

大きな問題は演歌・歌謡曲でしかこの発表会に出られないということ。別に、ポップスを歌う人が出演するのがダメということではないのですが、基本的にポップスを歌う人の受け入れ態勢が出来ていないように思うのです。特に出演者、観客の意識の問題が大きいです。みなさん、このようなコミュニティーの発表会に慣れてしまっているので、若い人のポップスを入れても、「わからない」 となってしまうと思います。また、その逆もあって、若い人たちが演歌・歌謡曲ばかりの発表会を聴かされるのもちょっと苦痛かなと。

ちなみに、この発表会で歌われてる演歌・歌謡曲って、昔のヒット曲って感じではなくて、今発売されている新曲的な曲がほとんどなんですよね。なので、若い人が聴いても知ってる曲はほとんど無いと思います。

「カラオケ」という一つのジャンルで、みんな歌が好きで歌っているのに、どうしてもこういった世代間の違いが問題になってしまうのですよね。

翌日 18日に 川崎で行われた「ミューザ川崎市民合唱祭」を見に行ったのですが、合唱の発表会は若い人からご年配の方まで、年齢関係なくステージに立っています。お客さんもいろいろな年齢層の方がいます。合唱は世代間の壁があまりなく発表会ができていていいなあ、と思いました。カラオケの発表会もこんな風に行かないものかなあと、ちょっと考えさせられました。

まあ、でも、僕が主催するカラオケの発表会はそういった壁をとっぱらって、なるべく年齢や曲のジャンルをごちゃ混ぜでやりたいと思ってやっております。9月17日に行われるセプテンバーコンサート とつかカラオケステージは、そういうコンセプトのもと、「カラオケ」「歌」という同じ趣味を持っているというくくりだけで年齢関係なく楽しんでいただけたらなあ。と思っています。



このページの先頭に戻る