とつかボーカル教室公式ブログ | とつかボーカル教室<戸塚駅西口徒歩8分>

とつかボーカル教室
2020年10月07日 [カラオケ道]

曲のタイトルがどこに来るか?(マリーゴールド)

歌詞に関する深読みシリーズ?です。

曲のタイトルが曲の中のどこで歌われているのかってテーマで書きます。

レッスンでも良く歌われている あいみょんの「マリーゴールド」


この曲のタイトル「マリーゴールド」って歌詞はサビの中に出てくるのですが、ちょっと面白い場面に出てきてると思うのですよ。
♪麦わらの〜 が比較的音程が高いところから始まって、タイトルの「マリーゴールド」という歌詞のところは結構低めの音程で歌われています。曲のタイトルなのですから、ちょっと強調して歌ってもいいものを、フレーズの流れの中でさりげなく出てきている印象があります。

で、どうしてそうしているのか、ちょっと深読みしてみました。(ここからは僕の想像です)

サビの冒頭部分の歌詞の内容は、麦わら帽子をかぶった「君」がマリーゴールドみたいにかわいいなあ って意味合いだと思うのですが
ストレートには言えない「照れ」が入ってる歌詞と音の流れの気がするのです。
サビ入りの♪麦わらの〜 からは君を思う気持ちを強く歌うつもりで音程も高く入っていたけど、少しずつ恥ずかしくなっていってマリーゴールドと歌うところではちょっと低い音程になってく。みたいな感じ。さらに、「マリーゴールドみたいにかわいい」までは言えず、「似てる」ってくらいの言葉使いしか出来ていないところがなんかシャイな感じが出てる気がします。

なので、歌う時も「マリーゴールド」をあまり強調しすぎず、少し恥ずかし気に歌うと感じが出るのでは?と思うんですね。

他の曲でもタイトルがどこに出てくるのか注目するとちょっと面白いことがわかるかもしれませんね。
何か思いついたら、また書いてみようと思います。


  • Facebook
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop