キーチェンジャー付きカラオケアンプ導入 - とつかボーカル教室公式ブログ

とつかボーカル教室
2016年07月14日 [カラオケ道]

キーチェンジャー付きカラオケアンプ導入

レッスンで使う音源がどんどん変わってきています。最近はCDを持ってくる人が少なくなってきて、ipodやスマホの音源なんかが多くなってきました。

で、そこで少し困ったことが起きてまして、曲のキーが変えられないということ。

うちの教室では、原曲キーで出ない声を出してもらうより、キーを変更して歌うってことを推奨しているのですが(これについても、またどこかの機会で書きたいですね)CDで持ってきてもらった音源は一度パソコンに取り込み、キー変更のソフトでキーを変更したデータをCD-Rに書き込むという方法でキー変更の対応を行っていました。

ipodやスマホを持ってくる人も、キーを変えたい場合は、CD-Rとかに書き込んで持ってきてもらうようにしていたのですが、持って来る音源もダウンロード音源だけじゃなく、ストリーミング音源とかが増えてきて、それだとパソコンへの取り込みが出来ないんですよね。となるとキー変更も出来ない...どうしよう となったわけです。

で、この機械をヤフオクで中古で購入し使用することにしたのです。
パイオニアのカラオケアンプMSA-V30 というものです。レーザーディスクカラオケ時代のアンプです。

このアンプ キーチェンジャーがついておりまして、入力した音声のキーを±5段階で変更できるというものです。ですので、ipodやスマホをこのアンプに接続するとキーを変えられるんですねぇ。

いやいや、どんどん新しくなっていく音源に対応するために、こんな旧世代の機械を使用することになるとは...。

いや、しかしこれが、活躍してくれそうですね。

ただ、ひとつ問題点があって、ipodやスマホの音源を一旦ストップすると、キーも元に戻ってしまうという...。
まあ、カラオケアンプなんで、1曲ごとにキーを戻してくれるのが普通ですよね。なんで仕方ないのですが。

カラオケアンプ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る