2015年12月 - とつかボーカル教室公式ブログ

とつかボーカル教室
2015年12月26日 [カラオケ道]
教室の方は、明日から冬休みに入ります。 今年一年お世話になりました。

さて、今年最後に、カラオケ道 採点機能の続きです

僕は基本的にしゃくり歌いだったりするので、どうしてもフレーズの最初の音程が低い
という判定になってしまうことに気づきました。

しゃくりとは実際の音程よりちょっと低めの音程から入って、正しい音に持っていく
「しゃくり上げる」歌い方のことです。

採点の加点で「しゃくり」というのがありますが、その加点が付く場合もあるのですが
どうしても音程がずれてしまうという判定なのです。

では、どうしたらいいのか?

やってみたのは、そのフレーズの歌い出しよりちょっと手前から歌い出すという方法です。
これだと、音程のバーが表示される前にしゃくりの低い音が入り、しゃくり上げた正しい音から入るというふうに
認識してもらえました!ただし、普通に歌うより難しい...。

でも、このちょっと手前から歌い出す技術って、歌の表現の技術のひとつだったりします。
いわゆる「食って入る」っていうことですね。


「食って入る」とそのフレーズの入りにアクセントがついて、
フレーズのはっきり感や迫力につながってきます。

どのフレーズもそうしたほうがいいわけじゃないですし、食いすぎてもおかしくなったりしますが
「食って入る」ってことも試してみてはいかがでしょう?


採点機能の検証のつもりでしたが、歌の表現テクニックにつながってしまいました。

2015年12月22日 [information]
12月20日に行われたアカペラ公園ストリートライブ。無事終了いたしました!

どのグループもクリスマスソングを盛り込んでくれたので、お客さんもクリスマスの雰囲気を味わっていただいたのではと思います。

吉田みのり、未央 インストラクター所属のCLaLaもトリで歌わせてもらいました。
CLaLa

2015年12月18日 [information]
12月20日 12:15より 戸塚駅前にて「アカペラ公園ストリートライブ」というイベントを開催いたします!

14組のアカペラグループがクリスマスシーズンにぴったりなアカペラの演奏をお届けいたします。

とつかボーカル教室インストラクターの吉田みのり、吉田未央が所属の「CLaLa」というグループも出演します。

屋外で寒いですが、アカペラを聴いて心を暖めましょう!
ぜひぜひ、戸塚駅前にお集まりください。

アカペラ公園ストリートライブ
12月20日 12:15〜16:30
戸塚駅東口ぺディストリアンデッキ上

CLaLaの出演は16:10ごろの予定です。

2015年12月15日 [カラオケ道]
カラオケの採点機能にはまってる人も多いのでは?と思います。
採点機能はあくまでもゲームとして割り切って、楽しんだ方が良い気がします。
高い点数が出ない=歌が下手 ということではありません。

でもゲームとして高得点出すにはどうすればいいのか?っても気になるところですね。
基本的には、機械が気に入る歌い方をすればいいという事だと思うのですが
それがわからないですよね。

で、僕が実際に歌ってみたりして、いろいろと試してみようと思います。
基本的には、DAMの精密採点の機能を使用してみてわかったことを何回かに分けて書いていきます。

まずは、音程、これはやっぱりぴったり合うのがいいわけです。

通信カラオケの企画開発をやっていたときに、採点機能の開発もやっていました。
僕は主に出来上がってきた機能の検証を行っていました。
つまり、実際に歌ってみて、採点機能が上手く働くかチェックしていたのです。

その頃の採点機能は、ただ音程があっていればいいというシンプルなものでした。
カラオケのデータの中に「ガイドメロディー」という曲のメロディーラインが必ず入っているので、
そこにぴったり合えばOK、外れれれば減点。というのが基本的な採点方法です。

現在のDAMの精密採点も音程の判断は同じことをやっていると思われます。
精密採点をやったときに画面上に表示されるバーはガイドメロディーのデータをバー化したものだと思います。
音程をぴったり合わすということは、ガイドメロディーにぴったり合わすということです。

そのためには、まずは、音程の飛びが比較的少ない曲を選曲すること。
僕が、採点の検証の際にいろいろな曲を歌った中でこの曲なら大体100点が出せるって曲がありました。

My Little Loverの「YES〜free flower」 という曲です。
ロングトーンが多いので、ある意味難しい曲なのですが、音の飛びが少ないんですよね

ただ、この曲を試しにDAMの精密採点で歌ってみましたが、残念ながら高い点数は
出ませんでした。DAMの精密採点では音程が合っているだけではダメなんですね。

でも、とりあえずは、音程は合わせなければならないということです。



2015年12月12日 [うたばなし]
クリスマスが近くなってきました。
クリスマスソングといえば、みなさんどんな曲を思い浮かべますか?

ジングルベルとかWhite Christmas とかクラシカルな曲?
ポップスで定番、山下達郎 クリスマス・イブとか、洋楽だと マライヤの恋人たちのクリスマスとか

書き出したら切りないですよね。

で、僕の中では、これなんですよね。
「Yellow Christmas」って曲です。
ちょっとマニアックかも知れませんが...
1986年発売の「Winter Lounge」というオムニバスアルバムに収録されています
杉真理、 南佳孝、楠瀬誠志郎、ハイファイセット などのメンバーがクリスマスソングを1曲ずつ参加しているのですが
この曲は、Pops All Starsということで、大勢でワンフレーズずつ歌ってるWe are the world的な歌です。
自分の曲ではこのアルバムには参加していない浜田省吾やEPOなんかも歌ってます。


なんと、PVがyoutubeにあったので、聴いてみてください!
クリスマスのワクワク感ハッピー感がぎゅっと詰まった感じの曲です。

それぞれの持ち歌の1フレーズだったり、タイトルだったりがさりげなく散らばっていたりします。
気づいた方はなかなかの通ですね。



このページの先頭に戻る