吉田みお - とつかボーカル教室公式ブログ

とつかボーカル教室
2016年04月14日 [吉田みお]
こんにちは。インストラクターの吉田みおです。

当教室の発表会「The Spring Live」が終わった後
出演したある生徒さんが「今までは緊張してただ歌うだけだったけど、もっと”表現”したいです!」と言ってくれました。
(この生徒さんは今年で発表会出演3回目くらい)
ほかの人のいろんな”表現”を見て感じたところがあったそうです。

歌の表現はもちろんだけど、衣装や体の動かし方、顔の表情など
発表会だとステージ上でのパフォーマンスなので表現できることがいっぱいありますね(^_-)-☆

生徒さんと、こんな曲だったらどんな風に歌おうか、とかいろいろ話していくうちに
イメージがどんどんふくらんで次の発表会がますます楽しみになりました♪

こうやって人前で歌う経験を重ねて、人の曲もたくさん聴いていくと
歌の楽しみが増えるし、成長していけますね。
私も生徒さんと一緒に成長していきたい!と思えた出来事でした(^^)

2016年01月19日 [吉田みお]
こんにちは。インストラクターの吉田みおです。
昨日、いつもは見ないスマスマを思わず見てしまいました。
いや〜”スマップ解散”がなくなって、ほっとしました。
ものすごいファンってわけではないけれど、なくなったら悲しいです。

中居くんが以前、歌うことに関して
「(ファンに)伝わればいいんだよ」って真面目に話してたのを思い出しました。
いくら歌が上手くても、伝えようとしないと、人は聞いてくれないものです。

伝える中味も大事だけど、伝えようとする想いが
一番大事な気がします。

SMAPはいい曲がたくさんあるので、これからも歌い続けてほしいな!

2015年10月15日 [吉田みお]
こんにちは。インストラクターの吉田みおです。


高音、みんな出したいですよね!
でも力まかせに出してもつらいだけ・・・なんてことはありませんか?

高い声を出すためには、ボールをエイっと投げるような
"遠くへ飛ばすイメージ" を使います。

それをどのタイミングでやるか、の準備が大事なんです。
そのために必要なのが、リズムをとることです!
伴奏のなかでリズムを出してる楽器の音を聴きながら、飛ばす準備をします。

よくノドに力が入って高音が出ないという人もいますが
もしかしたら、準備と飛ばすタイミングがずれてるだけかもしれません。

高音が出ないときは、一度タイミングを意識してみるといいですよ♪

曲によってどこで準備するかが変わってくるので
もっと知りたい方はぜひ一度体験レッスンにお越しください!!



2015年07月23日 [吉田みお]
インストラクター吉田みおです。

レッスンでこうしてみましょう、と伝えたことを
意識して練習できるかが上達するか・しないかの分かれ道!

レッスンで言われてその場ではできても
一人でいざ歌おうとしたら、できない〜!ってときは
レッスンで”聞いた”だけで、自分のものになってません。

もちろんレッスンでは体で覚えてもらうまでやるけど
自分で「よし、ここを言われたように、こんな風に歌おう!」と意識しないと
体がそのように動いてくれません。

意識する、というのは、自分のこととして捉えるってことです。
言われたからとりあえずやってみた、とは違うのです。

歌の練習をするときには「意識」してみましょう!


2015年05月29日 [吉田みお]
こんにちは。インストラクターの吉田みおです。


高い声を出したいときにやっていることがあります。

”表情筋(ほっぺた)を上に動かす”です。

つまり、ニッコリ笑った顔をしたまま口をあけるのです(^O^)


ほうれい線のあたりがピクピクしてほっぺたが上がらずに

笑顔がぎこちない人がたまにいるので

エクササイズ(筋トレ?)だとおもって

鏡をみながらやってみましょう!


自然と高音がでやすくなり、表情も豊かになりますよ♪




このページの先頭に戻る